婚活ブログ

女性の婚活 2021年2月11日

料理できない女性は結婚できない!? 料理スキル0の女性に対する印象5選

料理できない女性は結婚できない!? 料理スキル0の女性に対する印象5選

 

「料理できない女性との結婚は無理」と言われてショックを受けている、苦手な料理を頑張って振る舞ったらその日から彼が冷たくなった気がする……とお悩みになったことがある婚活女性もいるのではないでしょうか。

 

現在は一人暮らしで料理を趣味にしている男性も増えており、料理は性別問わずやるべき家事という認識も広がってきています。

 

とはいえ料理ができる女性は家庭的で、大切にされるイメージも根強く残っているものです。

 

本記事では、料理できない女性は結婚できない!? 料理スキル0の女性に対する印象5選について紹介します。

 

関連記事:慣れない婚活でも失敗しづらい結婚相手を選ぶコツ5選

 

生活力に乏しくお金がかかりそう

 

料理ができなくても生きていくためには食事をしないといけません。

 

自分で料理ができないと親をあてにすることも考えられますが、一人暮らしの場合はコンビニやスーパーで弁当・惣菜を買ったり外食に頼りがちになります。

 

買い食いは楽ではありますが自炊をするよりも出費が増えるので、なかなか貯金も捗りません。

 

1日分の外食費や弁当代はさほど高価ではないにしても、1ヶ月で考えると食費がかなり膨れ上がっていることに気づくでしょう。

 

結婚すると食費も2倍近くに増えますから、コンビニや外食ばかりを頼りにする女性はお金がかかりそう……と敬遠されるのです。

 

関連記事:結婚したらいい妻になりそうだなと男性に思われる女性の特徴5選

 

学ぶ機会はある筈なのにしないのは頑固だから

 

今はわざわざ料理教室に通ったりレシピ本を買わなくても、ネットで簡単に美味しいレシピを調べることができます。

 

今まで家族に全く料理を教わらなかったり、料理する習慣がない方でも料理デビューはしやすい環境になっていると言えるでしょう。

 

それ故に結婚を考える年齢になってもスキル0ですと、「ネットを見れば何でも作れるのに何でやらないんだろう」「簡単に作れる環境があっても考えが頑固だからやる気にならないのでは」と思われる恐れがあります。

 

興味を持っているならまだしも態度から「何が何でも料理はしない」という姿勢が見えると、男性は説得する努力も無駄に思えて気持ちが冷めることになります。

 

関連記事:婚活を成功させやすい女性に共通するマインド5選

 

男性並かそれ以上に仕事ができるなら許せる

 

仕事だけにのめり込んで料理が全くできない、家庭的なことをするくらいなら仕事に打ち込んで自分を上げたいとお考えの女性もいることでしょう。

 

料理ができない理由が面倒くさい、やる気にならないといった消極的な理由ではなく仕事を最優先して料理が後回しになっているという状況ならば受け入れてくれる男性もいます。

 

仕事が忙しい時に家事がままならないことは男性も身をもって知っていますから、フルタイム勤務の上に残業続きの方に毎日料理を作れとは言えないでしょう。

 

しかしながらお相手の男性よりも大幅に稼ぎが少なかったり結婚後に専業主婦や時短勤務を希望している場合などは、料理を放棄することはただの甘えと思われてしまいます。

 

関連記事:恋人いない歴=年齢の女性に対して男性が思う印象とは?

 

親に頼り切りになっていて依存心が強そう

 

実家暮らしで家族が健在の場合は、誰かが料理を作ってくれたり家に食料の備蓄がたくさんあるので自分で料理する必要がなくなります。

 

実家にいる時に家族から料理を教わっているならば男性からは「家族を大切にする人」「親と仲がいいのはいいな」と好意的に受け止められます。

 

しかし料理を教わることもなく提供される料理をただ食べているだけですと「依存心ばかり強くて不安」「向上心がない人なのかも」とマイナスの印象を持たれてしまいます。

 

すると結婚した後のビジョンがうまく思い描けず、何でも彼女の面倒を見なくてはいけないのでは? と親しくなることに躊躇いが生じます。

 

関連記事:親と同居している婚活女性について男性が思うこと5選

 

温かい家庭が築けなさそう

 

いつかは優しく穏やかで家庭的な女性と結婚して、家に帰ったら温かく美味しい料理が待っている……という理想を抱く婚活男性は現在でも非常に多いです。

 

夫婦共々バリバリ仕事をして家事は全て業者に任せ、自分たちは美味しいレストランで食事を楽しむ結婚生活を望む男性は少数ですし要求スペックが高く成婚まで辿り着くことも難しいでしょう。

 

そして社会に出て男性と同程度の仕事をこなす女性も多く料理ができる男性も増えてはいますが、未だに結婚した後の料理は女性がするものという認識は根強く残っています。

 

強要はしないにしても、美味しい料理を進んで作ってくれる温かみのある女性に需要があるのは事実です。

 

現在スキルが0でも好きな人のためにこれから頑張ろう、と思っているなら男性も快く見守る気持ちになりますよ。

 

食通で美味しい料理を期待する男性の気持ちを惹くことは難しいですが、食にこだわりのない男性や料理がうまく率先して作ってくれる男性ですと受け入れてくれる可能性もあります。

 

ですが料理ができないからこの先も絶対やらない! と頑なに拒むと、「この人との結婚生活では自分が望む温かい家庭を築くのは不可能だ」と見切りをつけられてしまうでしょう。

 

関連記事:個人主義女性は結婚できない!? 弱点と実は結婚生活に向いているワケ

 

まとめ

 

以上、料理できない女性は結婚できない!? 料理スキル0の女性に対する印象5選の内容でお送りしました。

 

男性と収入が同程度かそれ以上であれば、考えが柔軟な男性であれば自らサポート役に回ってくれることも考えられます。

 

しかしながら収入帯を問わず結婚生活に温かみを求める男性は多く、その温かみを構成する要素のひとつが美味しくお腹いっぱいになれる料理ということは事実です。

 

料理ができることでマイナスに思う方はまずいませんが、料理スキル0となると好意的に思われることは難しくそれを補う相当の好条件が必要になってくると思っておきましょう。

 

最初は焼くだけ・市販調味料を混ぜるだけの簡単な料理でもいいので、取り敢えずチャレンジしてみることをオススメします。

 

関連記事:初めての女性の婚活

無料ご相談無料ご相談

カテゴリー別一覧

オンライン面談受付中
  • 無料ご相談のご予約はこちら
  • LINEで相談
  • 料金プラン
  • 魅力UPサポート
  • メンタルサポート
  • 成婚サポート
  • 結婚までの流れ
  • 成婚ストーリー
  • Q&A
  • 初めての男性の婚活
  • 初めての女性の婚活
  • 医師・歯科医師の婚活
  • お見合いルール&マナー
  • 会社概要
  • お問合わせ
日本結婚相談所連盟

結婚相談所バーリントンブライダル(加盟No.47154)は日本結婚相談所連盟加盟の優良結婚相談所です。

婚活パーティー(ご入会前でもご参加可能)

開催中のパーティー・イベントはありません

ご結婚が決まった後も
お二人の将来をサポート
すべて無料でご相談いただけます
  • Wedding(ウエディング)
  • Honeymoon(ハネムーン)
  • Life Design(ライフデザイン)
space
トップページへ