婚活ブログ

女性の婚活 よくあるご質問 2020年10月5日

子供を持つことに消極的な女性を目の前にして男性が考えること6選

子供を持つことに消極的な女性を目の前にして男性が考えること6選

 

女性は子供を持つことが当たり前だしその状態が幸せである、といった考えは今や絶対ではありません。

 

今は性別関係なく思い思いに人生を楽しんでいく時代ですし、何を楽しみとして生きるかということは人それぞれ異なります。

 

しかしながら婚活をするとなったら子供を持つか持たないかという立場を明らかにしておくことは、ミスマッチを防ぐためにも非常に大切です。

 

本記事では、子供を持つことに消極的な女性を目の前にして男性が考えること6選について紹介します。

 

関連記事:慣れない婚活でも失敗しづらい結婚相手を選ぶコツ5選

 

どうして嫌がるのか理解できない

 

まず最初に挙げるのが、子供を持つことがなぜ嫌なのか理解できないということです。

 

結婚したら子供を持って2人で育てていくのが当たり前、と考えて疑わない男性も未だに存在します。

 

こうした男性は全ての女性が子供をほしがるのは当然と思っていますし、子供を嫌う女性は女性として普通ではないと捉えます。

 

絶対に自分の子供を持ちたい男性と子供が好きではない女性は相容れないものがありますので、上記のように考える男性のことは避けるようにしましょう。

 

関連記事:この人と会うのは止めておこう……と男性が思ってしまう女性の特徴5選

 

2人の時間を精一杯満喫できそう

 

次に、子供を持たないなら2人の時間を精一杯満喫できそうという考えを挙げます。

 

一度子供を持つと、学校を卒業し社会に出るまでは生活の中心が子供になってしまいます。

 

特に幼少期の頃などは親が何でもやってやらないといけませんので、自分の時間は完全になくなると言っても過言ではありません。

 

しかし子供を持たないのであればそうした目の回る忙しさから解放されますので、のんびりと夫婦2人で人生をエンジョイすることができます。

 

更に時間だけでなくお金も夫婦だけで使うことができるため、子供を持つ場合と比較すると同じ収入でも生活の質をワンランクもツーランクも高くできるという大きなメリットがあります。

 

関連記事:結婚したらいい妻になりそうだなと男性に思われる女性の特徴5選

 

親から面倒なことを言われそう

 

また、親から「子供はまだできないの?」など面倒なことを言われそうという点も挙げられます。

 

若年層の間では子供を持たない夫婦という形態も増えてきて理解も進んできているものの、親世代やそれより上の世代にはまだ完全に浸透してはいません。

 

「子供の人生は子供のものなので親が口出しするものではない」と考えてくれているならいいのですが、孫の姿を見ることを楽しみにしているようなタイプですと子供を持つことに消極的な女性は素直に受け入れられないこともあります。

 

その場合、どう言い訳をすればいいのかということでお相手の男性は頭を悩ませてしまいます。

 

関連記事:親と同居している婚活女性について男性が思うこと5選

 

自分も子供が好きではないので助かる

 

そして、自分も子供が好きではないから欲しくないと言ってくれて助かるといった点を挙げます。

 

大人であれば理性で抑えることでも躊躇なくやらかしたり、時には大人の想像を超えることまで実行するのが子供の大きな特徴です。

 

その振る舞いには大人が考える常識が通用しないので、慣れていないと大人は振り回されるばかりです。

 

子供に対して苦手意識のある男性は子育てに対して勇気が持てませんし、振り回されて冷静を保っていられる自信もありません。

 

想像の遥か上をいく苦難に挑戦する意欲もなく、できることなら苦労はせずに大人同士で悠々自適の生活をしたいと思っています。

 

そうした男性からすると子供がいらない女性には親近感と安心感を抱くので、「この人と結婚したら生涯ゆったりと暮らせそう」と好意的に捉えてくれます。

 

関連記事:男性が「この人となら結婚したい!」と思う女性の特徴やキッカケ

 

余計な人付き合いをしなくていいのでホッとする

 

次に挙げるのが、学校行事や家族ぐるみの付き合いなど余計な人付き合いをしなくていいのでホッとするということです。

 

男性が子供を持つことを考えた時にウンザリすることのひとつに、子供を持つことで発生する余計な人付き合いというものがあります。

 

学校行事程度ならそれほど他者と交流をしなくても済むこともありますが、女性側が社交的でママ友などを多く作りたい・家族ぐるみで交流をしたいとなると必然的に男性も巻き込まれることになります。

 

非社交的な男性はそうした付き合いよりも自分一人で趣味を楽しんだり、家族だけで遊びに出かける方がずっといいと思っています。

 

子供を持たなければ親同士が交流する面倒な機会も発生しませんから、結婚後も気楽でい続けられることにホッとするのです。

 

更に子供を持つとママ友間や子供同士のトラブルも発生しやすいため、そうした争いに巻き込まれないという点も安堵する理由のひとつです。

 

関連記事:オタク女性でも婚活を成功させやすくなる5つのポイント

 

老後が寂しいかもしれない

 

最後に、子供や孫がいないので老後が少し寂しいかもしれないということを挙げます。

 

子供を持たない場合はご自身が最後の世代となりますので、子供の成長を見届けたり久々に会いに来てくれた孫を可愛がるといった楽しみは得られません。

 

なので夫婦でただ時を過ごすだけですと、老後が少々味気ないものになる可能もあります。

 

しかしながら老後は空いた時間を活かして趣味を楽しんだり、夫婦でペットや観葉植物を可愛がったりといった充実した過ごし方も十分に可能です。

 

もし男性・女性揃って子供はいなくても問題ないと考えているようでしたら、かなり先のことにはなりますが老年期の過ごし方について軽く話してみるのもいいでしょう。

 

老人ホームに入るか? 海外でまったり暮らすか? 子供は作らなくてもペットは飼うか? といった話題でも価値観が近く既に打ち解けているお相手であれば話は広がるはずですよ。

 

関連記事:これからの時代の婚活で求められるようになる恋愛観

 

まとめ

 

以上、子供を持つことに消極的な女性を目の前にして男性が考えること6選の内容でお送りしました。

 

結婚したら子供を作って育てたいと望む男性も多いですが、現在は夫婦だけで気楽にまったりと暮らしたいと考えている男性も増えてきています。

 

子供を希望しなければ結婚できないということもありませんし、何よりそこを有耶無耶にしてしまうと結婚生活の満足度を下げる原因にもなってしまいます。

 

なので子供なしを希望しているのであれば、早い段階で男性に伝えることをオススメします。

 

関連記事:初めての女性の婚活

 

無料ご相談無料ご相談

カテゴリー別一覧

オンライン面談受付中
  • 無料ご相談のご予約はこちら
  • LINEで相談
  • 料金プラン
  • 魅力UPサポート
  • メンタルサポート
  • 成婚サポート
  • 結婚までの流れ
  • 成婚ストーリー
  • Q&A
  • 初めての男性の婚活
  • 初めての女性の婚活
  • 医師・歯科医師の婚活
  • お見合いルール&マナー
  • 会社概要
  • お問合わせ
日本結婚相談所連盟

結婚相談所バーリントンブライダル(加盟No.47154)は日本結婚相談所連盟加盟の優良結婚相談所です。

お知らせ
2020年8月12日

夏季休業のお知らせ

婚活パーティー(ご入会前でもご参加可能)

開催中のパーティー・イベントはありません

ご結婚が決まった後も
お二人の将来をサポート
すべて無料でご相談いただけます
  • Wedding(ウエディング)
  • Honeymoon(ハネムーン)
  • Life Design(ライフデザイン)
space
トップページへ