婚活ブログ

婚活あるある 女性の婚活 2020年10月4日

ネット婚活でチャラくて馴れ馴れしい物言いをする男性の心理5選

ネット婚活でチャラくて馴れ馴れしい物言いをする男性の心理5選

 

まだメッセージの段階なのに既に馴れ馴れしい、こちらがタメ口嫌いなことをプロフィールにしっかり書いているのに軽い感じでメッセージを寄越してくる……といったことに神経が逆撫でされウンザリしたことがある女性も多いのではないでしょうか。

 

とても気持ちのいいものではありませんが、男性がチャラチャラと馴れ馴れしく接してくるのにはいくつかの心理が働いているのでこれを機に知っておくのもいいかもしれません。

 

本記事では、ネット婚活でチャラくて馴れ馴れしい物言いをする男性の心理5選について紹介します。

 

関連記事:婚活デートで「早く帰りたい!」と思ったあるあるエピソード5選

 

緊張しているだろうから解してあげたい

 

まず最初に挙げるのが、婚活で緊張しているだろうからそれを解してあげたいというものです。

 

婚活・結婚は今後の人生を大きく左右する一大イベントですから、誰しもが成功に向けて努力し自分を磨きます。

 

人生のパートナーを選ぶことになるため、男性から連絡が来ると「この人はパートナーとして適している人かな」「気に入ってもらえるかな」と緊張してしまいますよね。

 

女性が婚活中に気を張っていることを察する男性は、少しでもリラックスしてやり取りができるようにという気遣いからつい軽い物言いをしてしまいます。

 

この場合は女性を気遣ってフランクに接してくれているので、「打ち解けていない内は馴れ馴れしくしないでほしい」という旨を伝えると改善してくれる真摯さが見られるのが特徴です。

 

関連記事:恋活・婚活中に出会って「これはない!」と感じた男性4選

 

自分自身が堅苦しいのが苦手

 

次に、自分自身が堅苦しいのが苦手ということを挙げます。

 

普段から遊び人で通っている男性や真面目なノリに慣れていない場合ですと、馴れ馴れしい態度がデフォルトになってしまっているためそれが他者にとって悪い態度であるとは認識されなくなります。

 

それに格式張るよりもラフに接する方が精神的にも楽ですから、軽いノリが身についていると常識的な態度やマナーを守ることに対して非常に窮屈さを覚えるようになります。

 

自分のエゴで馴れ馴れしさを貫いているため注意しても態度を改める可能性は限りなく低く、「真面目で堅苦しい女性は自分には合わない」として自然消滅することが多いタイプです。

 

関連記事:コロナショック中のネット恋活・婚活で手を出さない方がいい男性の特徴4選

 

チャラい方が女性ウケがいいと思っている

 

また、チャラい方が真面目に接するより女性ウケがいいと勘違いしているパターンも多いです。

 

学生時代などは真面目に黙々と勉強をして成績が良い地味なタイプよりも、明るいムードメーカー的な存在で多少派手で遊び歩いているような不良系がモテやすいというのはよく知られていますね。

 

社会人になるとチャラチャラ遊んでいる人よりも、真面目で堅実な人の方がモテて結婚相手にも選ばれやすくなります。

 

しかしそうした事実を知らずにいる男性は考えをアップデートすることができず、チャラい・ちょい悪=モテるという認識を持ち続けてしまいます。

 

女性ウケを良くする目的で悪びれたりチャラい雰囲気を作っているため、ウケが悪いことがわかったら真面目系に路線変更する可能性があるタイプでもあります。

 

関連記事:恋愛関係に発展させる気0なヤリ目男の特徴5選

 

婚活自体を軽く考えている

 

更に挙げるのが、婚活自体を軽く考えていることです。

 

馴れ馴れしい男性の中には絶対に恋活や婚活を成功させるぞ、という強い意志を持たない方も目立ちます。

 

良いパートナーが見つかるに越したことはありませんが、そのために必死に努力したり自分をよく見せたりする必要はないと考えています。

 

というのも30代や40代では結婚していない男性もたくさんいますし、焦って結婚しても何も得をしないという思いがあるからです。

 

なのでメッセージを送ったりなんとなく顔合わせをお願いした女性に嫌われたところでダメージはなく、これでダメなら次があるということで一人のお相手に深く向き合う気持ちが最初からありません。

 

決死の思いで婚活をしている女性とは態度からして温度差が非常に目立つので、コンタクトされると特に腹立たしさを覚えるタイプと言えますね。

 

関連記事:コロナショック中のネット恋活・婚活で男性に幻滅してしまったエピソード5選

 

素の自分を受け入れてくれる女性と繋がりたい

 

最後に、素の飾らない自分を受け入れてくれる女性と繋がりたいと考えていることを挙げます。

 

結婚は生涯を共にする重大なことなので、相手の男性も女性選びには慎重になっています。

 

その条件を「素の状態の飾らない自分を受け入れてくれる女性」に設定している男性は、上辺を取り繕って後から嫌われるよりも最初から素を見せてその状態を好いてくれる女性と一緒になりたいと考えます。

 

この手の男性にとっては、かしこまった態度やきっちりとした礼儀作法などは本性を隠し相手の目から見えなくする邪魔者でしかありません。

 

礼儀や真面目な態度で飾られた状態よりも、もっと素朴なありのままの自分をフィーリングで好んでくれる女性こそが理想なのです。

 

こうした考え方も一理ありますが、コンタクトされる側としては最初のうちくらいは社会人として当たり前である失礼のない振る舞いをしてほしいと思いますね。

 

関連記事:幸せな結婚のために避けるべき男性の特徴

 

まとめ

 

以上、ネット婚活でチャラくて馴れ馴れしい物言いをする男性の心理5選の内容でお送りしました。

 

馴れ馴れしい態度の裏にはこちらへの配慮が含まれている場合もありますが、大抵は婚活を軽く考えていたり自分が堅苦しくやり取りしたくないから軽い態度を取っているなど不誠実な心理が現れています。

 

もし全体的なスペックが優れていて態度だけに問題がある場合は、馴れ馴れしくしないでほしいことを伝えてみるといいでしょう。

 

そこで改められる人であればこちらのことを考えてくれる良心が見られますので、もう少し様子見をする価値はあると言えますよ。

 

関連記事:初めての女性の婚活

 

無料ご相談無料ご相談

カテゴリー別一覧

オンライン面談受付中
  • 無料ご相談のご予約はこちら
  • LINEで相談
  • 料金プラン
  • 魅力UPサポート
  • メンタルサポート
  • 成婚サポート
  • 結婚までの流れ
  • 成婚ストーリー
  • Q&A
  • 初めての男性の婚活
  • 初めての女性の婚活
  • 医師・歯科医師の婚活
  • お見合いルール&マナー
  • 会社概要
  • お問合わせ
日本結婚相談所連盟

結婚相談所バーリントンブライダル(加盟No.47154)は日本結婚相談所連盟加盟の優良結婚相談所です。

お知らせ
2020年8月12日

夏季休業のお知らせ

婚活パーティー(ご入会前でもご参加可能)

開催中のパーティー・イベントはありません

ご結婚が決まった後も
お二人の将来をサポート
すべて無料でご相談いただけます
  • Wedding(ウエディング)
  • Honeymoon(ハネムーン)
  • Life Design(ライフデザイン)
space
トップページへ