婚活ブログ

女性の婚活 婚活成功の秘訣 2020年9月12日

慣れない婚活でも失敗しづらい結婚相手を選ぶコツ5選

慣れない婚活でも失敗しづらい結婚相手を選ぶコツ5選

 

初めて婚活をすることになったけどどういった男性を選んだら後悔しない結婚ができるのかわからない、ダメ男ばかり捕まえてきていて結婚相手選びに自信が持てない……とお悩みになったことがある婚活女性は多いのではないでしょうか。

 

結婚相手を選ぶことは恋人選びのように何度もやり直しできるものではありませんし、失敗した時のことを考えるとつい慎重にもなってしまうものですよね。

 

本記事では、慣れない婚活でも失敗しづらい結婚相手を選ぶコツ5選について紹介します。

 

関連記事:実は結婚相手に最適! ぼっち男性が結婚相手に向いているワケ

 

価値観が似ている人を選ぶ

 

まず最初に、ご自身と価値観が似ている人を選ぶようにすることを挙げます。

 

カップル間のトラブルの多くは価値観の相違によって引き起こります。

 

価値観がかけ離れている場合、些細なことでしたらデート中に食べたいものから、深刻なものですと結婚後の暮らしのプランまで様々な所で意見の衝突や食い違いが起こるようになります。

 

一方で価値観や好みが似ていれば意見が衝突する機会は不一致なカップルと比較すると減少しますから、結婚後にギスギスしにくくなるという大きなメリットがあります。

 

ただしお互いに主張が強く一歩も譲らない場合ですと喧嘩が起きた時に修復不可能になることも考えられるので、その場合は包容力のあるパートナーを選ぶ方が吉です。

 

関連記事:男性が「この人となら結婚したい!」と思う女性の特徴やキッカケ

 

こちらの妥協できる点と短所が噛み合っている人を選ぶ

 

次に挙げるのが、こちらの妥協できる点と短所の種類・程度が噛み合っている人を選ぶことです。

 

男性の条件を詳細に絞り込んで出会えるのがマッチングツールの大きな強みですが、条件によってはお相手の男性が婚活市場に存在しなかったり実際には手が出ないほどハイスペックでついていけないこともあります。

 

結婚相手を見つけるにはある程度妥協をすることが必要となってきますが、誰にでも妥協できるものとそうでないものがありますよね。

 

パートナーを選ぶ時はこちらが妥協できる点と男性の短所があっていて、程度も甚だしくない方を選ぶといいですよ。

 

例えばだらしなさが気にならない女性が、部屋が特に汚いことが欠点でその他には問題がない男性を選ぶといった具合ですね。

 

人は短所を持っているのが当たり前ですが、相手のそれが特に気にならなければ短所はないものとほぼ同じこととなります。

 

こうした選び方をするとお相手の選択肢がぐっと広がりますし、ストレスフリーで付き合うことができますよ。

 

関連記事:婚活を成功させやすい女性に共通するマインド5選

 

物の適正な価値を知っている人を選ぶ

 

また、物の適正な価値を知っている人を選ぶこともとても大切です。

 

結婚は生活を共にすることですので、お金の問題は常についてきます。

 

結婚後によく聞かれるお悩みのひとつに「夫がケチ過ぎる・浪費し過ぎる」というものがあります。

 

ケチケチするのも浪費してしまうのも、共通して言えるのは適正な物の価値を知らないために起こってしまうということです。

 

適正な物の価値を知っている方は必要な出費は惜しまず多少高価なものでも快適さや時間を買っているのだと割り切ってお金を払いますが、それ以外のシーンではきっちりと節制をします。

 

メリハリのあるお金遣いをするのが特徴ですので、浪費しきって貧困に陥る心配もなければケチケチして窮屈な生活を強いられることにもなりません。

 

何にお金をかけたいかという点では男性側女性側で意見が分かれやすいところなので、この点の理解もある方ですとより安全ですね。

 

関連記事:結婚したらいい妻になりそうだなと男性に思われる女性の特徴5選

 

引っ張っていくタイプより尻に敷かれるタイプを選ぶ

 

次に、引っ張っていくタイプよりも尻に敷かれるタイプの男性を選ぶことを挙げます。

 

優柔不断な女性や頼りない自覚のある女性からすると、グイグイ引っ張ってくれて何でも率先してやってくれる男性は魅力的で楽ができる印象がありますね。

 

しかしながら人を引っ張っていくタイプの男性はやり取りに慣れてくると加減をすることが雑になり、モラハラに発展したりこちらの意見を全く聞かず亭主関白化する可能性があります。

 

現代では夫に付き従う妻という図式は既に過去のものになっていますし、一方的に男性の言うことを聞かないといけないという環境に不快感を示す女性も多いですね。

 

いつまでも夫婦円満でいたい、夫の愚痴をいつも友達に漏らしているような女性にはなりたくない……そう思ったら尻に敷かれるタイプの大人しめで穏やかな男性がオススメです。

 

引っ張るタイプの男性ほど自己主張も強くありませんし、こちらを気遣ってコミュニケーションを図ろうとしてくれるため共に結婚生活を歩んでいる感覚も得られますよ。

 

ただし尻に敷かれるタイプだからといって、こちらが男性に強いプレッシャーをかけてしまうのはNGということも忘れずにおきましょう。

 

関連記事:幸せな結婚のために避けるべき男性の特徴

 

生理的な嫌悪感のない方を選ぶ

 

最後に挙げるのが、接してみて生理的な嫌悪感がない方を選ぶことです。

 

様々な人とデートしたりメッセージの交換をしてみて、言葉で理由は説明できないけどなぜか受け入れられないと思うこともありますよね。

 

理由のある嫌悪感と異なり生理的な嫌悪感は本能が反射的に抱いてしまうものですから、一度その感情を覚えてしまったお相手とはいつまでもギスギスしたりやり取りを重ねてもモヤモヤが晴れなかったりします。

 

嫌な点を理由づけて説明できないためにお相手に伝えることも難しいので、もしパートナーに選んでしまえば「せっかく選んだのにやっぱり好きになれない」という悲しいことになってしまいます。

 

パートナーにする男性は接した時の生理的嫌悪感がなく、接していて印象がよかったり会うと自然と元気が出るような方を選ぶようにしましょう。

 

関連記事:婚活デートで「早く帰りたい!」と思ったあるあるエピソード5選

 

まとめ

 

以上、慣れない婚活でも失敗しづらい結婚相手を選ぶコツ5選でお送りしました。

 

男性の理想は普段から抱くことはあっても、ストレスのない結婚生活をするためにはどういった相手がいいかといったことは婚活を始めないとなかなか考える機会がありませんよね。

 

ハイスペックな男性を見つけて結婚してしまえば幸せになれる、とは言い切れないほど人と人の相性は複雑かつ繊細なものです。

 

結婚で失敗したくない、結婚という大事な機会にダメ男は掴みたくないという方は男性選びに本記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

関連記事:初めての女性の婚活

 

無料ご相談無料ご相談

カテゴリー別一覧

オンライン面談受付中
  • 無料ご相談のご予約はこちら
  • LINEで相談
  • 料金プラン
  • 魅力UPサポート
  • メンタルサポート
  • 成婚サポート
  • 結婚までの流れ
  • 成婚ストーリー
  • Q&A
  • 初めての男性の婚活
  • 初めての女性の婚活
  • 医師・歯科医師の婚活
  • お見合いルール&マナー
  • 会社概要
  • お問合わせ
日本結婚相談所連盟

結婚相談所バーリントンブライダル(加盟No.47154)は日本結婚相談所連盟加盟の優良結婚相談所です。

お知らせ
2020年8月12日

夏季休業のお知らせ

婚活パーティー(ご入会前でもご参加可能)

開催中のパーティー・イベントはありません

ご結婚が決まった後も
お二人の将来をサポート
すべて無料でご相談いただけます
  • Wedding(ウエディング)
  • Honeymoon(ハネムーン)
  • Life Design(ライフデザイン)
space
トップページへ