婚活ブログ

女性の婚活 婚活あるある 2020年3月21日

恋活・婚活中に出会って「これはない!」と感じた男性4選

恋活・婚活中に出会って「これはない!」と感じた男性4選

 

恋活や婚活をしていると素晴らしく素敵な男性に出会えることもありますが、運が悪いとため息をつきたくなるような残念系男性にも出くわすことがあります。

 

変な男性を回避するために実践できるコツはいくつかあるので核地雷級の人物には当たりにくいのですが、「これさえなければいい人だったのに」というレベルの人はしばしば対策をかい潜って現れるものです。

 

本記事では、恋活・婚活中に出会って「これはない!」と感じた男性4選について紹介します。

 

30代後半なのに価値観が男子高校生くらいからアップデートされていない

 

まず最初に挙げるのが、30代後半という年齢の高さにも関わらず恋愛観や価値観、嗜好が男子高校生くらいからアップデートされていない人の例です。

 

大人になっても価値観や恋愛観が若い男性は若い女性との相性も一見いいように思いますし、外見によっては年齢を感じさせないフレッシュさがあったりします。

 

ところが女性側の精神面が成熟して「大人の交際」を希望している場合は、そうした男性は幼稚さが目立ち恋愛対象には見えなくなる可能性もあります。

 

ある女性会員様が出会ったのは可愛くて元気でノリのいい人が好き、結婚したら朝から晩までイチャイチャしたい、好物はファストフードやジャンクフード、ゲーセン巡りが趣味という具合の男性でした。

 

デートコースや利用するレストランなどはこちらから提案すれば何でも叶えてくれた点は良かったです。

 

しかしデートしている最中にふと「本当はファストフード食べたかったのかな、あそこのゲーセン寄りたかったかな?」と窮屈にさせているかもしれないことに気づき、居づらさとモヤモヤ感を覚えるようになってしまいました。

 

関連記事:筆者が体験したなんだかなあ……と感じた年上男性とのしくじり恋愛エピソード

 

外見しか見ていないロリコン

 

次に挙げるのが、お兄さん的な面倒見の良さを発揮しつつ実は外見しか見ていないロリコン男性の例です。

 

この手の男性は年下で可愛い系の女性には目がありません。

 

甘えれば非常に優しくしてくれますし、好きなものを察してプレゼントを送るという面倒見がいい一面もあります。

 

ところが「○○ちゃんはまだ高校~大学生くらいに見えるよね」「その可愛さならまだ制服OKだよ。次は髪もツインテにしてきてよ」という発言で本性が見えてしまったのです。

 

言いなりになったりプレゼントをくれるのは女性を必死に引き止める餌に過ぎなかったのだと思えるようになり、JKやJDにモテたいおじさんというのは見ていてあまりいい気分がしません。

 

冷静に考えてみると今は若いからチヤホヤしてくれていますが、段々歳を重ねていったら見向きもされなくなってネットで10代の浮気相手を探すのかなと思えてしまい交際は止めにしました。

 

関連記事:婚活でSNSや掲示板などの無料ツールを使うことのリスク

 

勝手に結婚指輪を作り婚約を言いふらすメンヘラ

 

次に挙げるのが、こちらの知らないうちにいつの間に結婚指輪を注文し婚約していることを職場の人達に言いふらしていた男性の例です。

 

独占欲が非常に強く、少しでも自分が怪しいと思える行動をすると目くじらを立てるようなメンヘラ・ヤンデレタイプでした。

 

顔はそこそこで専門職で収入も良く家柄も良かったので遠距離で交際をしていましたが、なんとその女性会員様の全く知らないところで結婚指輪を作っていました。

 

まだまだ結婚も意識せず交際期間がほしいと思っていたので、「実は大分前に二人の結婚指輪は作ってあるんだよ。俺はもう職場にも伝えていて、結婚前提で付き合って婚約している相手がいるって言って回ってる」と聞いた時は大変驚きました。

 

こちらは何となく交際をしているだけだったので、彼の交際に対する「必死さ」や「温度差」があり過ぎることに対して恐怖を抱きました。

 

束縛癖がある人だったので、二人の間柄のことを公的に言って回ることでこちらの逃げ道をなくそうとしているのかも……ということは想像に難くありませんでした。

 

そしてその少し後には「婚約指輪も色々ブランドを見て回って大体の目星をつけている。勿論ほしいよね?」と言われ、自分の知らない所で勝手に結婚への道が整っていくことに恐怖を感じ彼の前から姿をくらますことにしました。

 

関連記事:メンヘラ男性にばかり好かれてしまう女性の特徴と対策

 

エスコートに見せかけてボディタッチを狙う非モテ男性

 

最後に、親切にエスコートをするように見せかけて腰や手などボディタッチを狙う非モテ男性の例を挙げます。

 

エスカレーターや階段を上がる時に体勢を崩さないように腰を支えてくれたり、手を握ってくれる男性の振る舞いは日本人らしくなく憧れを持つ女性もいるかもしれません。

 

洗練された身なりの人が慣れた手つきでしてくれたら好感度は急上昇してしまいますよね。

 

ある女性会員様は軽い恋活目的で彼女いない歴20年の30代男性とマッチングしました。

 

合流してから早々に容姿や性格までベタ褒めをし始めてその時点で違和感を覚え、そしてエスカレーターを上る時にふわっと腰の下辺りに手が当たりそうな気配がありました。

 

本気の婚活でもないのにいきなり気持ち悪いなと思ってさっさと先に上ったのですが、次に上る時にはっきりと身体に手が当たるのを感じました。

 

その他にも頼んでもいないのにカバンを持とうとしたり、階段から降りる時に必ず手を貸そうとしたりとボディタッチの機会を狙っているように感じました。

 

非モテだからエスコートがぎこちないのはご愛嬌という見方もできるのですが、どうにかして身体に触りたいという欲求を感じ取ってしまいましたし遊び程度のマッチングでいきなり彼氏面をされる点も大きな萎えポイントとなりました。

 

帰宅後は熱烈なメッセージがいくつも入りましたが、とてももう会う気にはなりませんでした。

 

関連記事:全く女性慣れしていない男性にばかりモテる女性の特徴

 

まとめ

 

以上、恋活・婚活中に出会って「これはない!」と感じた男性4選についての紹介でした。

 

どの例も好きでいてくれる気持ちがあるのは伝わるのですが、愛情表現の仕方が快いとは言えなかったり愛が強すぎて歪んでいて怖かったりと癖の強い男性には違和感を覚えてしまいますね。

 

「歪んだ愛し方さえなければいい人だった」とは思えるものの、その歪んだ愛の部分が長所を打ち消すくらいに負のオーラを纏っていれば「いい人」という捉え方はしない方が適切なのかもしれません。

 

恋活や婚活ではこうした男性に出会うことも低確率ではありますが考えられますので、もし変な人だな、考え方が合わないなと感じたら早めに連絡を断つなど対処をすることをオススメします。

 

関連記事:初めての女性の婚活

バーリントンブライダル

カテゴリー別一覧

オンライン面談受付中
  • 無料ご相談のご予約はこちら
  • LINEで相談
  • 料金プラン
  • 魅力UPサポート
  • メンタルサポート
  • 成婚サポート
  • 結婚までの流れ
  • 成婚ストーリー
  • Q&A
  • 初めての男性の婚活
  • 初めての女性の婚活
  • お見合いルール&マナー
  • 会社概要
  • お問合わせ
日本結婚相談所連盟

結婚相談所バーリントンブライダル(加盟No.47154)は日本結婚相談所連盟加盟の優良結婚相談所です。

お知らせ
2022年12月10日

【年末年始休業のお知らせ】

婚活パーティー(ご入会前でもご参加可能)

開催中のパーティー・イベントはありません

space
トップページへ