婚活ブログ

婚活成功の秘訣 2019年11月28日

メールやラインを制するものは婚活を制する?

メールやラインを制するものは婚活を制する?

 

昔だったら直接会う以外の連絡の取り方と言えば、電話か手紙でした。

勿論、交際中や婚活中の期間も同じことが言えたと思います。

 

それが今なら、勿論、メールやラインということになりますよね。

ですから、婚活においてもメールやラインのやり取りはとても大切なものになってきます。

 

そして、案外、お見合いから仮交際そして真剣交際へと進んでいく中でお話がストップしてしまう理由として、このメールやラインでのやり取りに関することが多かったりもするのです。

 

そこで今回は、メールやラインでのやり取りに関することについてお話したいと思います。

 

関連記事:結婚相談所での交際って何が違うの?

 

メールやラインでやり取りをするメリット・デメリットについて

 

最初に、電話ではなくメールやラインでやり取りをするメリット・デメリットについて見ていきます。

「今更感」もあるのですが、やり取りの仕方について考えていくためのご参考にして頂ければと思います。

 

先ずメリットからですが、1番のメリットは相手の時間を制約しないで済むということです。

メールやラインを出す側は自分の都合がいい時間に出すことができますが、受けとった相手も自分の都合に合わせて返信をすることができます。

 

電話だとそうはいきません。

また、送る内容について考える時間があるというのも見逃してはいけないメリットです。

 

電話だと、後で後悔するようなことを言ってしまうこともありますよね!

 

次にデメリットですが、この逆で、すぐに返信をしなくてすむ分、返信が遅れてしまう場合があるということが挙げられると思います。

 

悪気はなくても、返信が遅くなったりすることもありますが、送った側としては、色々な想いが頭をよぎったりもします。

 

また、送る側も直接相手の反応を気にしなくていい分、自分の都合のいい時間帯や内容でメールやラインを送ってしまうケースというのもありますよね。

 

関連記事:結婚相談所での交際相手とうまくLINEのやり取りをする方法

 

婚活の際のメールやラインのやり取りで気をつけなければいけない点

 

では、次にメールやラインでのやり取りで気をつけて頂きたいこと、特に重要なその頻度や内容について見ていきます。

 

やり取りの頻度

メールやラインでのやり取りの頻度というのも、特にお見合いから仮交際の期間のお互いがまだ手探りの状態では重要になってきます。

 

多ければ良いという訳ではありません。

お見合い後に交際(仮交際)がスタートして、初めてのデートまでの期間は大体1~2週間かかることがあります。

 

特に、お見合いは「お互いの相性を見るためだけのようなもの」ですから、お見合い後に交際成立となっても、まだお互いのことをよく知らない段階では、メールやラインの頻繁なやり取りは、ちょっとしんどさを感じることがあるかもしれません。

 

そこで、私達結婚相談所バーリントンブライダルでは、

理想は・・・

・仮交際中は2~3日に1回

・真剣交際中は毎日

双方向でのやり取りをして頂くのがベストというお話をさせていただきます。

 

仮交際中のデート1~2回目の頃は、お互い様子見ムードが残っており、まだ遠慮している段階です。

ですから、デート以外の時のメール・ラインでのやり取りは、案外重要になってきます。

 

そして、この「交際初期」の頃に交際終了になるケースが非常に多いのですが、理由はデート以外の時の連絡の取り方によるものが多いのも事実です。

 

特に女性の側から見てみると、やり取りの頻度は、毎日はしんどいから、2~3日に1回で構わないという方が多くいらっしゃいます。

 

男性は頻度を増やしすぎず、また仕事の忙しさから少なすぎにならないように、女性のペースに合わせてやり取りをして頂きたいと思っています。

 

男性からのメール・ラインが多くて、答える前にまた連絡が来るという理由でコワくなり、女性から「交際終了」を切り出される例が意外と多いんです。

 

また、反対に女性は男性の熱意に応えるためにもマメに返信して頂きたいのです。

案外、既読スルーや簡素なそっけない返信等から、男性の熱意が下がってしまうケースもよくあります。

 

そして、真剣交際になればできるだけ密に連絡を取り合って、お互いのことを知って頂きたいのですが、かと言って、無理に毎日連絡をして頂かなくても大丈夫です。

 

あくまでもお互いの都合に配慮しながら、時間がある時に密にやり取りをするいう感じでやって頂きたいと思っています。

 

お互いがお互いのことを理解し始めて、連絡のやり取りのリズムも分かってきて、距離が縮まってきてから頻度を上げていって頂ければなと思っています。

 

やり取りの内容

先ほどはやり取りの頻度についてお話させて頂きましたが、内容についても段階に応じたやり取りをして頂くのがいいかと思います。

 

頻度と同じで、交際初期の仮交際の期間と真剣交際の期間とでは違ってきますが、基本はお相手の方への配慮です。

 

そこでNGな内容について挙げていきます

・お相手との距離感をわきまえていない。

(馴れ馴れし過ぎたり、逆にビジネスライクな文面になってしまう)

・自己中だという印象を与えてしまう。

(自分のことを、それも延々と長文で書いてしまう)

・返信がしにくい。

(質問や誘いは相手が答えやすいようなものを、そして逃げ道も残しておきましょう)

・返信が遅かったり、無かったりしても問い詰めない。

(相手にも都合がある場合があります)

 

関連記事:「真剣交際」への道は、あせらず、あわてず、そして思いやりを大切に!!

 

まとめ

 

婚活において重要な役割を果たす、メールやラインでのやり取りについて見てみました。

 

勿論、これはあくまでも標準的なことで、2人の間がうまくいくのであれば、こだわることではありません。

最低限のマナーの1つとして知っておいて頂ければと思い、今回お話をさせていただきました。

 

何よりも大切なのはお相手の方への想像力と配慮・心遣いです。

 

何かご不安になられることなどがあれば、その辺の事情を良く知る専任のカウンセラーにご相談ください。

私達結婚相談所バーリントンブライダルでは、1つ1つのケースに細かいところまで親身になって対応させて頂きます。

 

無料ご相談無料ご相談

カテゴリー別一覧

オンライン面談受付中
  • 無料ご相談のご予約はこちら
  • LINEで相談
  • 料金プラン
  • 魅力UPサポート
  • メンタルサポート
  • 成婚サポート
  • 結婚までの流れ
  • 成婚ストーリー
  • Q&A
  • 医師・歯科医師の婚活
  • お見合いルール&マナー
  • 会社概要
  • お問合わせ
日本結婚相談所連盟

結婚相談所バーリントンブライダル(加盟No.47154)は日本結婚相談所連盟加盟の優良結婚相談所です。

婚活パーティー(ご入会前でもご参加可能)

開催中のパーティー・イベントはありません

ご結婚が決まった後も
お二人の将来をサポート
すべて無料でご相談いただけます
  • Wedding(ウエディング)
  • Honeymoon(ハネムーン)
  • Life Design(ライフデザイン)
space
トップページへ