婚活ブログ

男性の婚活 婚活あるある 2023年1月19日

メッセージが嫌い! 連絡不精な男性の婚活が難航しやすい理由とは?

メッセージが嫌い! 連絡不精な男性の婚活が難航しやすい理由とは?

 

女性から雑談のメッセージが来ても面倒くさくて放置している間にお断りになることが多い、メッセージでの雑談の仕方がわからないのでデートの予定合わせでしか使っていない……とお悩みになったことがある方もいるのではないでしょうか。

 

生活圏が大きく異なる方同士が出会うことも珍しくない婚活では、会えない間のメッセージもまた交流を深めるためのツールとして活躍します。

 

筆不精はどちらかというと男性の方に多い傾向にありますが、それを言い訳にすると婚活は難航しやすいと言われています。

 

本記事では、メッセージが嫌い! 連絡不精な男性の婚活が難航しやすい理由とは? について紹介します。

 

難点をアピールされても印象アップには繋がらない

 

男性から『予定連絡以外でメッセージのやり取りはしたくない』と言われて印象が悪かったといったお悩みは婚活でもよく聞かれます。

 

メッセージに対する捉え方には個人差が大きいですが、最低限しか連絡を取らないことは悪印象に繋がりやすいことを覚えておきましょう。

 

最低限のやり取りしかしたくない(できない)ことは婚活では一般的には難点として捉えられます。

 

自分から筆不精を宣言するとその時点で「仲を深めるやる気がない」「自分の領域に絶対に踏み込まれたくない人なのか」などと思われやすいので、結果が出ないならメッセージに対する意識を変える必要もあるでしょう。

 

関連記事:交際の今後を左右する! 送るべきメッセージ・止めた方が良いメッセージとは?

 

好印象になるための努力ができないと思われる

 

婚活では筆不精の方やズボラな方よりも、適度に連絡を取れる方の方が遥かに印象が良くまた結果を出しやすいです。

 

というのもまめに連絡を取ることには思いやりがある印象を与えたり、やる気がありそれを態度に表せる、やり取りの機会が多い分お互い比較的短期間内に内面を知れるといった多くのプラスの影響があるためです。

 

なので結婚願望が強く少しでもチャンスを逃したくない方や元々素直な性格を持っている方ですと、そうしたアドバイスを参考にメッセージのやり取りにも積極的に挑戦しようとします。

 

そうした中で「自分は絶対不必要なメッセージは送らない」という考えを譲れない方は、「好印象になる努力をしていない」「相手よりも自己都合ばかり優先する人」と捉えられる可能性があります。

 

お相手の方の求めやアドバイスに応じて変化を取り入れることができないと、共に将来を歩むには不安要素が強くなるためにパートナーとして選ばれにくくなってしまいます。

 

関連記事:「手軽に送れる」は大間違い! メッセージで信頼関係が築けないと判断されるポイント7選

 

PR機会が少なく優先順位が下がりやすい

 

婚活では複数人の異性と同時進行することも珍しくありません。

 

そこで筆不精の方が覚えておかなくてはいけないのが、まめではない人は優先順位がみるみる下がっていくということです。

 

筆不精の方が1ヶ月に1回、それより更に間隔を空けてメッセージを送る間に、まめな人は毎日か数日に1回のようなペースでメッセージを送っています。

 

メッセージをまめにやり取りしていけば気が合えば次々に約束を取り付けることができますし、そこで意気投合すれば今後コンスタントにデートが行えるようになります。

 

稀にしかメッセージが来ない筆不精のお相手と、何回も会って交際のステップも先に進んでいるお相手とでどちらの約束が優先されるかは言うまでもないでしょう。

 

同時進行が許された婚活ではこうした競争が発生するのも無理がないことで、筆不精の方は必然的に不利になってしまいます。

 

関連記事:一味も二味も違うと思われる! ライバルに負けずに婚活成功する男性の特徴とは?

 

デート前に良好な関係を築けずお断りに繋がりやすい

 

筆不精の方は予定合わせでしか連絡を取らないため、適度に連絡する方と比較するとデートまでの期間に打ち解けるのが困難になります。

 

まめにやり取りしていればデートをするまでにはお互いに好意的な感情が積み重なりやすいですが、反対に筆不精だとお見合い後ほぼ連絡を取らないためにデートはまるでお見合いの延長のような緊張感を伴いがちです。

 

お互いに緊張感がある状態では内面を明かしていくことも苦労しますし、その場その場でアドリブでコミュニケーションを取る必要があるため打ち解ける難易度も高くなります。

 

するとお相手の中では、最低限のメッセージしか来ないから印象が良くない→人柄がわからないから何を話していいか悩む→言い淀むうちに沈黙が訪れ更に気まずくなる……といった負の流れが形成されていき、最終的にお断りに繋がってしまうことになります。

 

関連記事:返信しづらいな……と女性が思ってしまう婚活男性からのメッセージの5つの特徴

 

デート本番だけで遅れを取り返す必要がある

 

筆不精な方はオンラインでフォローするという手が使えないため、印象を挽回するにはデート本番でできる最上の振る舞いを心がけ遅れ分を取り戻す必要があります。

 

事前のやり取りができずにマイナスに傾いた印象を0以上に持っていく必要があるために、身だしなみや振る舞い方は勿論のこと、会話の内容やリアクションなどにも細心の注意を払う必要が出てきます。

 

しかしこれを実践するのは並大抵の注意力では難しいことですし、コミュニケーション慣れしていなければ更に難易度が高く感じられるでしょう。

 

オンラインでやり取りができず、かといって会っている時も好印象の振る舞いができないと関係を維持するのは難しいと判断されてしまいます。

 

関連記事:気持ちの歩み寄りが感じられないなと思われる男性の振る舞い5選

 

まとめ

 

以上、メッセージが嫌い! 連絡不精な男性の婚活が難航しやすい理由とは? についての内容でお送りしました。

 

筆不精はやる気がなく見える、コミュニケーション不足からデート前には既にマイナスの印象がついている、デート時にマイナス点を埋めるための努力をする必要があるなど結果的に自分を苦しめかねない要素と言えます。

 

メッセージは億劫であっても積み重ねることで婚活をスムーズに運ぶツールになり得るので、また会いたいお相手の方には数日に一度でも何かしらのメッセージを送るクセをつけることをオススメします。

 

関連記事:初めての男性の婚活

バーリントンブライダル

カテゴリー別一覧

オンライン面談受付中
  • 無料ご相談のご予約はこちら
  • LINEで相談
  • 料金プラン
  • 魅力UPサポート
  • メンタルサポート
  • 成婚サポート
  • 結婚までの流れ
  • 成婚ストーリー
  • Q&A
  • 初めての男性の婚活
  • 初めての女性の婚活
  • お見合いルール&マナー
  • 会社概要
  • お問合わせ
日本結婚相談所連盟

結婚相談所バーリントンブライダル(加盟No.47154)は日本結婚相談所連盟加盟の優良結婚相談所です。

お知らせ
2022年12月10日

【年末年始休業のお知らせ】

婚活パーティー(ご入会前でもご参加可能)

開催中のパーティー・イベントはありません

space
トップページへ