婚活ブログ

男性の婚活 婚活あるある 2022年8月9日

もういいかなと思われる! 初デートの提案のタイミングでお断り扱いになってしまう方がやりがちなミスと改善策とは?

もういいかなと思われる! 初デートの提案のタイミングでお断り扱いになってしまう方がやりがちなミスと改善策とは?

 

忙しくて異性に全く連絡ができず初めて会った日から次のデートに誘うまでの間が空いて気づけばブロックされていた、身だしなみにも気を使っているし絶対に相手が楽しめるプランを考えているのに初デート後に交際終了になることが多い……とお悩みになったことがある方もいるのではないでしょうか。

 

お見合いという最初の関門を乗り換えると次はデートが待ち受けていますが、提案の内容や連絡の仕方によってはデートが始まる前にお相手の心が「お断り」に近づいてしまう恐れがあります。

 

本記事では、もういいかなと思われる! 初デートの提案のタイミングでお断り扱いになってしまう方がやりがちなミスと改善策とは? について紹介します。

 

デートの予定合わせをする以外に連絡しない

 

まず挙げられるのが、デートの予定合わせをする以外にメッセージ・電話でのやり取りがないことです。

 

メッセージを連絡手段と考えている方はどちらかというと男性に多いですが、それでも出会って間もない段階では数日に1回程度はちょっとした世間話やお互いの好きなものについて教えあったりすることをオススメします。

 

というのもデートの予定合わせをする時だけ連絡すると、人によっては業務連絡のような淡白な印象や面倒くさがっている雰囲気に感じ取ることがあるためです。

 

かといって初デートをする間柄から毎日朝晩挨拶メッセージを送るのも違和感を覚える女性が多いので、くどい印象にならないよう数日置きや週末のみなど加減してメッセージを送りましょう。

 

関連記事:交際の今後を左右する! 送るべきメッセージ・止めた方が良いメッセージとは?

 

デートに誘うまでの間隔が1ヶ月以上空く

 

婚活で初めて会ってからデートに誘うまでの期間が長くなりがちな方は、特に大きなミスをしていない場合でも交際終了になりやすいです。

 

仕事が忙しかったり出張で他県にいるなど時間が確保できない明確な理由があるならばお相手も理解を示しますが、そうでない場合は会うのに積極的ではないのではという印象を持たれてしまいます。

 

その他にも出会った当日は好印象が強くモチベーションも高まるものの、日にちが空くにつれて徐々に熱が下がっていき徐々に会うのが億劫になってくるという気持ちの変化もあります。

 

短いスパンで頻繁に会うほど相手に親密さが感じやすくなる現象は心理学用語では「単純接触効果」と呼ばれますが、デートの間隔が大きく空くとその間に別の異性の接近を許してしまうために結果が出にくくなるのです。

 

仮交際に進めたらデートの誘いはなるべく間隔を置かずに行うことをオススメします。

 

関連記事:短期間で選ばれやすい男性になる! お相手と心を近付ける心理学テクニック

 

万人受けしないデートプランを提案してしまう

 

メッセージや電話でやり取りをしていても好感触が得られるしデートにも進めるが失敗する、というケースで考えられるのが万人受けしないデートプランを提案していることです。

 

例えば完全に自分の趣味に寄ったデートプランやお相手が希望したプランとは大きく異なるデートプランを組み立てたりすると、こちらは楽しめてもお相手は楽しめないためお断りされます。

 

注意しておきたいのは、自分が楽しめれば相手も楽しめるとは限らないということです。

 

似た趣味や価値観を持っている人同士でデートをするのであればあまり心配はありませんが、婚活のようにスペックを重視してから出会う場合は好みが全く噛み合わないケースも珍しくありません。

 

初デートはお相手の好みを聞いて受け入れられやすい食事メインのデートにしたり、街歩きをするなど無難な範囲に留めておくのがいいでしょう。

 

関連記事:幻滅される可能性も! 初デートでファミレスを提案することは控えた方が良い理由とは?

 

デートする段階になって急に態度が馴れ馴れしくなる

 

女性よりも男性の方に多く見られる態度としては、お見合いが成功し仮交際に進んだタイミングで急に馴れ馴れしくなることが挙げられます。

 

お見合いでは至極真面目な態度で振る舞っていたのに、メッセージになると突然タメ口になったり許可もなく勝手にあだ名をつけて呼んだりするとお相手の中では親しみやすさではなく違和感と不快感の方が大きくなりがちです。

 

中にはフランクに接してほしいと考える女性もいますが、馴れ馴れしいのと親しみやすいことは全くの別物なので完全に素を出すと失敗する可能性が高まります。

 

お見合い後の仮交際はまだスタートラインに立っただけの段階で、お相手の方はまだ心を許しているわけではありません。

 

ベタベタとスキンシップをしたり恋人ぶるような振る舞いや度を越して高頻度なメッセージなどは快く思われないので、ビジネスシーンほど堅苦しくなる必要はないものの砕けすぎた振る舞いは控えましょう。

 

関連記事:婚活では止めたい! 馴れ馴れしくて不真面目だと思われる男性の言動5選

 

まとめ

 

以上、もういいかなと思われる! 初デートの提案のタイミングでお断り扱いになってしまう方がやりがちなミスと改善策とは? についての内容でお送りしました。

 

デートをするまでの間隔が大きく空いたり、提案するデートの内容によっては特にお相手に対して失礼なことをしていなくてもお断りをされるリスクが上がってしまいます。

 

長期間会えないならその間にメッセージで内面が知れる交流を図るとか、初デートの行き先はお相手の好みを考慮しつつ誰もが楽しめるような無難なものを提案するなどして良い印象をキープしましょう。

 

関連記事:初めての男性の婚活

バーリントンブライダル

カテゴリー別一覧

オンライン面談受付中
  • 無料ご相談のご予約はこちら
  • LINEで相談
  • 料金プラン
  • 魅力UPサポート
  • メンタルサポート
  • 成婚サポート
  • 結婚までの流れ
  • 成婚ストーリー
  • Q&A
  • 初めての男性の婚活
  • 初めての女性の婚活
  • お見合いルール&マナー
  • 会社概要
  • お問合わせ
日本結婚相談所連盟

結婚相談所バーリントンブライダル(加盟No.47154)は日本結婚相談所連盟加盟の優良結婚相談所です。

婚活パーティー(ご入会前でもご参加可能)

開催中のパーティー・イベントはありません

space
トップページへ